聞き流すだけで英語が話せるようになる?

 

これから英語もしくは英会話の学習をしたいと思っている人に、まず言っておきたいのはこれです。

 

英語の語彙(フレーズ)を知らなかったら話ができません。

聞き流す

 

世の中には、CDに入った英語フレーズを聞くだけで(聞き流すだけ)で英語が話せると言う英語教材が爆発的に売れているようですが、これはあくまでもリスニングを鍛える部類の教材に入ると思っています。

 

まあ、聞くだけで、その英語フレーズを丸暗記出来るのであれば、ある程度英語が話せて、しかもリスニングも出来る様になるという理屈のようですが、まず聞くだけでは覚えられないでしょう。

 

仮に覚えられるとしても、気が遠くなるほどの反復練習を要すると思います。

 

同じ内容のCDをそんなに聞いていられます?

 

これ、子供はできちゃったりするのですが、大人はまず無理でしょう。

 

それなのに、聞き流すなんて誇大広告もいいところです。

 

もし、覚えられたとしてもスピーキングはどうすのでしょうか?

 

聞いているだけで、一度も口から発音してないのです。

 

英語の語彙を知らないと話はできない

 

ですので、まずは英語の言い回しというか、語彙をある程度覚えなければ、文字通りお話になりません。

 

そのような、教材を購入するのは個人の自由ですが、まず語彙を覚えたければ、自分が話したいことから覚えていってください。

語彙

 

海外旅行用に英語を話したいのならば、トラベル英会話。

 

仕事ならそのジャンルの特殊な英単語を覚える必要があるでしょう。

 

日常会話を覚えたいと言っても、場面によって全く違います。

 

友人との会話、恋人との会話、家族との会話、全て違います。

 

これら全てに対応するには、それなりのボキャブラリーを持っていなければなりません。

 

丸暗記しなくても、英文法などの法則と言うかルールを覚えながら効率よく覚えていけばいいのですが、英単語はどうしても覚えなければなりません。

 

発音やリスニングだけ出来るようになっても、言葉(語彙)を知らないと話しなんてできませんよね。

 

 

まとめ

 

リスニングやスピーキングももちろん練習しないと行けませんが、まずは言葉を覚える。

 

あなたの話したいことからどんどん覚えていく。

言葉

 

英文法や、法則に則って、効率よく決まりきった言い回しなどを覚えていく。

 

その場面の画像や映像などと覚えると記憶に残りやすいので、工夫して覚える。

 

リスニングやスピーキングは同時にレッスンしたいところですが、何をおいても語彙を覚える。

 

語彙をたくさん知っていれば、相手の言うことも予測できて、リスニングも上達しますし、聞き取れると言うことは発音を覚えたと言うことなので、今度は口に出してスピーキングの練習をする。

 

何言も段階が必要ですので、一気にやろうとしないでください。

 

まずは、英語のフレーズを言えるようになってください。

 

一気に上たるすると思います。

 

あと、毎日日記を英語で書くとかなり力がつきます。

Copyright(c) 2014 英語ファン. All Rights Reserved.