TOEICのスコアを上げたい場合

 

TOEICのスコアアップをしたい方は、英会話の学習をする必要はありません。

 

トーイック

行うのはTOEIC用のテスト対策です。

 

TOEICはテストである以上、攻略法があります。

 

ゲームと同じですね。

 

TOEICで300点上がる塾とか、セミナーとか合宿とか、高いお金を出してそんなものに参加する必要はありません。

 

大学の入試と同じで、ただひたすら傾向と対策を解きまくります。

 

TOEICで出るであろう英単語をただひたすら覚え、TOEICの問題集を解きまくります。

 

これだけでスコアアップ間違いなし。

 

TOEICはリスニングとリーディングのテストです。

 

つまり、話す必要もなければ、書く必要もありません。

 

ただ、ひたすら文章読解をしながら英文法を鍛え、リスニングを鍛えます。

 

ただし、TOEICは問題用紙を持ち帰れませんし、過去問題が好評されていません。

 

ですので、公式問題集や、その他の参考書を便りに勉強することになるわけですが、韓国では過去問題が買えるので本気を出すのであれば買ったほうが得策ですね。

 

 

リスニングに関して

 

TOEICのリスニングを鍛えるのも、やはり公式問題集が一番です。

 

リスニング

テストは2時間の長丁場なので、本番さながらに問題を解いてテストや形式に慣れておくて必要があります。

 

リスニングも同じで、リスニングパートを何度も何度も解きながら、リスニング力を鍛えていきます。

 

英語教材の中にリスニングを鍛える教材も出ていますが、私個人的な意見ではそのような教材は買わずに、公式問題集を使って繰り返しリスニングするほうが効率的です。

 

傾向も分かるわけですから。

 

ただ、TOEIC専用のリスニング教材などもありますので、どうしてもスコアアップが難しいようなら、最後の手段として購入してもいいかもしれません。

 

 

これを繰り返しとけば間違いない問題集

 

TOEICのスコアを上げる合宿、、セミナー、塾などに入らずに、まずはこれから上げる3つの問題集を徹底的に解いてみてください。

 

これでスコアがこれ以上上がらないとなったときに初めて、教材などに手を出すといいでしょう。

 

その1・・・公式問題集

 

公式問題集

まずは何をおいてもTOEICのの公式問題集はボロボロになるぐらい解くべきです。

 

そんな努力もせずにテストでいい点を取ろうなんて甘いとお思いませんか?

 

必須の問題集です

 

その2・・・新TOEICテスト直前の技術

 

ここからの2冊は必須ではありませんが、TOEIC受験者なら解いておきたい問題集です。

新TOEICテスト直前の技術

 

まずは「新TOEICテスト直前の技術」です。

 

その名前の通り、即効性があるテクニックを学べる本です。

 

その3・・・TOEICテスト「正解」が見える

 

これも持っておきたい本ですね。

TOEICテスト「正解」が見える

 

特にレビューはしませんが点数が伸び悩んでいる方は購入してみてください。

 

著者はキムテギュンさんと言うかたなのですが、韓国はTOEIC熱が高いのでいい攻略本が多いそうです。

 

あとはTOEIC頻出の英単語を覚えるだけです。

 

最後に韓国で過去問題集が買えると言う話ですが、輸入ってことになるらしいです。

 

私は持っていませんので自己責任で購入方法を調べてみてください。

Copyright(c) 2014 英語ファン. All Rights Reserved.